ガジュマルの木の下で クチンの旅その7

川沿いの小さな広場。いつもの茶トラさんがいないなあ、と思ったら……!

気根の間からこっちをじーっと見つめているではないですか。

よく見てみると、、、

DSC05840.jpg

赤ちゃんが! 子育て中だったんですね。これはいい隠れ家だ。

邪魔にならないよういったんその場を離れます。

DSC05808.jpg

帰り道ふたたび立ち寄ってみると、おっぱいタイムが終わって

いつもの場所でおひるねするママ猫さん。

DSC05826.jpg

気持ちよさそう〜。と、そこへ、

DSC06421.jpg

おチビさんたち登場!

外はまだちょっと怖いみたい。

DSC06416.jpg

でも、ママのところへいきたいなあ。

DSC06395.jpg

ママ〜♡

DSC06385.jpg

慎重派のミケちゃんはママ戻ってきてぇ〜とかわいい声で訴えます。

踏み出すのはもうちょっと先かな。

でもお外で生きていくには警戒心は大切ですものね。

DSC06439.jpg

夕方になると近所の人々が集まっておしゃべりをしたり、サッカーをしたり。

みんな猫をかまう様子はないけれど「仔猫かわいいよね」と頬をゆるめます。

人々の生活のなかに自然と猫がいる風景って素敵だなあ。

飽きずに猫たちを観察していると「猫が好きなんだね」と、

この木の裏で屋台を営むおじさんが笑顔でドーナツを一袋くれました。

サラワク川に沈む夕日を見ながらいただいた優しい味、ずっと忘れません。

DSC06479.jpg

つづく。


Leave a Reply

CAPTCHA